作品レビュー

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』ゴブリンスレイヤーが駆け出しだったころの物語

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』は、異世界ファンタジーの最高峰『ゴブリンスレイヤー』の「ゴブリンスレイヤー」がまだ駆け出しだったころの物語。

 

ゴブリンに蹂躙された村の生き残りの少年が、どのように「ゴブリンスレイヤー」になったかがわかるシリーズ。

 

『ゴブリンスレイヤー』の物語は、すでに「ゴブリンスレイヤー」が銀等級の冒険者から始まる。

しかし、彼がどのように銀等級の冒険者になったかの興味は尽きません。

 

「ゴブリンスレイヤー」が「ゴブリンスレイヤー」になる足跡がこの『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』にはあります。

そんな、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の詳細はここから。

 

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の評価ポイント

評価
ストーリーの面白さ★★★★☆
キャラクターの絵の魅力★★★☆☆
戦闘シーン★★★★☆
イチャラブ度☆☆☆☆☆
ハーレム度☆☆☆☆☆
H度★★★☆☆

 

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』のあらすじ

あらすじ

・その少年は、姉がゴブリンに蹂躙されているのを見ていた。

・その少年は、圃人の老爺に拾われ、冒険者になるべく技術を叩き込まれる。

・その少年は、生家の村の近くの街で冒険者の登録をした。

・その少年は、武具をそろえゴブリンを退治をしに行った。

・その少年は、何度も危機に陥ったが、しぶとく生き抜き、考え、戦い方や武具を改善していった。

・多くの人は、少年が冒険者として高みを目指すと思った。しかし少年はゴブリンを殺し続ける。

・その少年の心には、ゴブリンを殺す、ゴブリンを滅するということしかなかった。

・その少年は、後にこう呼ばれる「ゴブリンスレイヤー」と。

 

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の魅力のポイント

ストーリーの面白さ

『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』は、本編の『ゴブリンスレイヤー』の過去の物語がいろいろ語られています。

・が新しい武具の臭いをゴブリンに気づかれた話。

本編の「女神官」の失禁の臭いをゴブリンの臓物の臭いで隠す話につながっています

・「受付嬢」の新人の頃の話。

・どのように、「牛飼娘」と「ゴブリンスレイヤー」が一緒に暮らすようになったかの物語。

・新人の頃の「重戦士」や「聖騎士」もうかがい知ることができます。

・冒険者の治療の手伝いをする、見習い時代の「女神官」の話。

・「槍使い」と「魔女」がパーティーを組むことになったことのなれそめ。

等々が、生き生きと描かれています。

これらの物語を読んでいると、なんだかうれしくてぞくぞくしてしまいました。

キャラクターの絵の魅力

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

「『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』第一巻 p50 原作:蝸牛くも/漫画:栄田健人 SQUARE ENIX」より引用

本編の『ゴブリンスレイヤー』と比較しちゃうと、本編の絵の方がいいですが、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の絵も丁寧で魅力的でいいです。

 

人物だけでなく、武器や魔物も丁寧で迫力があります。

背景にも手抜きがありません。

 

戦闘シーン

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

「『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』第一巻 p88 原作:蝸牛くも/漫画:栄田健人 SQUARE ENIX」より引用

本編の『ゴブリンスレイヤー』の方が動きにリアリティがあると思うけど、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』も十分迫力があります。

 

ゴブリンスレイヤーシリーズの漫画担当の方は、どなたも技術が高いですね。

 

イチャラブ度

ゴブリンスレイヤーは硬派ですから、イチャラブもありません。

 

ただ、牛飼娘や受付嬢がゴブリンスレイヤーに憧れていく過程が描かれていて、その話がほんのり温かいです。

 

ハーレム度

ゴブリンスレイヤーは孤独の冒険者ですから、ハーレムはありません。

 

H度

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

「『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』第一巻 p10 原作:蝸牛くも/漫画:栄田健人 SQUARE ENIX」より引用

『ゴブリンスレイヤー』関連のサービスシーンは、基本に女性たちがゴブリンに凌辱されているシーンなので、Hかどうかは疑問なんですが、しっかり描かれています。

 

ほのぼのとした牛飼娘の薄いサービスシーンもあります。

 

最後に

『ゴブリンスレイヤー』の関連本は、『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』『ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・ディ』にしても質が高い。

すべて高いレベルで楽しめます。

 

そして、外伝を読むことによって、本編がさらに面白くなるというシナジー効果が出ていますね。

他の作品もこうあってほしいものです。

 

 

 

-作品レビュー

Copyright© 異世界ファンタジーなマンガ・ライトノベルが好き! , 2021 All Rights Reserved.