作品レビュー

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』凄みと愛情表現のギャップが魅力

2019年12月15日

千剣の魔術師と呼ばれた剣士

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』は、超絶なTUEEEEEE~の主人公が理不尽な扱いを受ける双子の姉妹に向ける愛情のギャップが惹かれます。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の評価ポイント

ストーリーの魅力★★★★☆(マンガ・小説、両方の評価です)
キャラクターの絵の魅力★★★★☆
戦闘シーンのリアルさ、迫力★★★★★
イチャラブ度☆☆☆☆☆
ハーレム度☆☆☆☆☆
H度☆☆☆☆☆

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のあらすじ

・主人公は、複数の剣を手を触れることなく操る魔剣術の使いアルディス

・アルディスは、命を狙われることもしばしばだが、そんなことにはどこ吹く風で、刺客たちを片付けていた。

・アルディスは、ある日、臨時の仲間と森に入っていた時、とある商隊が襲われるところに遭遇。

・商隊はほぼ全滅状態だったが、荷台の中に双子の姉妹が。世界の教会の頂点にいる女神の教えで、双子は忌人となっているため、仲間たちは双子をそのまま捨てていこうとする。アルディスはある思いがあって双子を引き取ることに。

・ある日、武者修行者のような謎の女が現れ、領主はアルディスにその女を連れてくるように依頼を出す。そこで、アルディスと謎の女の壮絶な戦いになるが、アルディスはその戦いに勝利する謎の女は、戦いの結果なぜかアルディスを主と定める。

・アルディスと双子の姉妹、謎の女との不思議な生活が始まる。

 

マンガ版の『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』は、まだ一巻までしか出ていません。

一巻目では、まだアルディスの正体は謎のまま。

 

・アルディスはなぜそんなに強いのか

・なぜ双子を引き取ったのか

それは、小説の説明をするところでネタバレします。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の魅力ポイント

では、『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の魅力のポイントを詳しく。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のストーリーの魅力

強い主人公アルディスが、双子というだけで世の中から忌避される双子の姉妹を救うところが、何とも気持ちよく感じます。

 

強いものが弱きものを救う、理不尽から守るという話は、テンプレなんですが。

 

マンガ版でのストーリーは、背景などがあまりにもよくわからず、あんまりおもしろくないと思う方もいるんじゃないかと思います。

アルディスの正体や、双子が忌み嫌わエるわけなどがわかってくると面白くなってきます。

ストーリーを「★★★★☆」としたのは、のちの展開まで含めての評価です。

 

マンガを読んで小説を読む、という方式をおススメ。

マンガのみでいいという場合は、何巻か発売されて、一気に読むのがいいと思います。

小説は、『小説を読もう!』でも読めるので、お手軽です。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のキャラクターの魅力

千剣の魔術師と呼ばれた剣士

「『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』1巻 P88 原作:高光晶/漫画:黒須恵麻 スクウェア・エニックス」から引用

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の絵は上手です。

異世界ファンタジーマンガの中では、かなり上位の方。

 

★一つ足りないのは、ちょっと上手すぎて何か「アク」みたいのがないところ。

個人的な好みの問題だとは思うのですが。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の戦闘シーンのリアルさ、迫力

千剣の魔術師と呼ばれた剣士 戦闘シーン

「『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』1巻 P118 原作:高光晶/漫画:黒須恵麻 スクウェア・エニックス」から引用

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の戦闘シーンは躍動感があってとてもいい。

構図が難しいシーンでも不自然ではありません。

 

別の異世界ファンタジーマンガを読んで気が付いたのですが、戦闘シーン、魔法シーンが描くのがヘタな作家は、やたらと魔法名や技名を出すんじゃないかと。

 

技名や魔法名が違うと似たようなシーンでも違うことをやっているように読者が判断してくれると思っている感じです。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』は、剣技のシーンでも、魔法のシーンでも、それぞれ迫力ある絵になっています。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のイチャラブ度、ハーレム度、H度

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』のイチャラブ度、ハーレム度、H度は「ゼロ」です。

 

これは、マンガ第1巻に限ったことではありません。

小説を読んでも、イチャラブ度、ハーレム度、H度が上がることほぼありません。

 

こっちの方を期待している方は、『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』には期待できませんね。

 

『千剣の魔術師と呼ばれた剣士』の小説版


ほぼ小説の内容が忠実に漫画になっています。

 

キャラクターもマンガ版小説版とも似ていて、両者魅力的です。

 

少しネタバレです。

・主人公アルディスがTUEEEEEのは、異次元から召喚されてきて、魔法レベルが以前いた次元の方がはるかに高いので、今の次元では無双しまくれるからです。

・アルディスは、以前の次元では敗残兵で、アルディスを敗北に導いた女将軍が、現在の世界の女神になっていた。

・アルディスは、元いた次元の女神への復讐をする方法を探しているのだった。

・その元の次元で敵対したてた女将軍を危機に追い込んだのが、双子の戦士。だから、現在の世界で、女神に仇なすものとして双子が忌避されている。だから、アルディスは双子を見捨てることができなかった。

 

マンガを読んでその先を知りたかったら、『小説を読もう!』にアクセスすれば、最新版まで読めます。

その代わりすごい時間がかかるから異世界廃人になることを覚悟しないと。

-作品レビュー

Copyright© 異世界ファンタジーなマンガ・ライトノベルが好き! , 2021 All Rights Reserved.