作品レビュー

『盾の勇者の成り上がり』姑息な手段で貶められた主人公への同情を禁じ得ない異世界ファンタジー。

盾の勇者の成り上がり

『盾の勇者の成り上がり』は、主人公への同情が止まらない異世界ファンタジー。

 

異世界に勇者召喚された主人公に与えられたのは「盾」。

「盾」の勇者は、攻撃ができず、守りだけという理不尽さ。

 

さらに、主人公は、悪辣な王と王女の罠にはまり無一文になる。

その上に、王女への暴行疑惑(王女の謀略)で評判は最悪。

ここで心折れそうなものだが、薬を作って小金を稼ぎ、地道にレベルを上げ、己の「盾」を進化させていく。

 

虐げられても諦めなければ、いつかは報われるといった、なんだか、自己啓発本の香りもしそうなな異世界ファンタジーの詳細はここから。

『盾の勇者の成り上がり』の評価ポイント

評価
ストーリーの面白さ★★★★☆
キャラクターの絵の魅力★★★★☆
戦闘シーン★★★★☆
イチャラブ度☆☆☆☆☆
ハーレム度★☆☆☆☆
H度☆☆☆☆☆

 

『盾の勇者の成り上がり』のあらすじ

あらすじ

・次元の亀裂から発生した魔物を退治して欲しいとのことで、岩谷尚文は異世界のメルロマルクという国に「盾の勇者」として召喚された。

・召喚された先には、自分の他に「剣の勇者」天木錬、「弓の勇者」川澄樹、「槍の勇者」北村元康も召喚されていた。

・盾の勇者は攻撃ができず、防御しかできないため人気がなく、尚文にはマイン・スフィアしか従者がつかなかった。

・尚文は盾の勇者のため武器を身にまとえず、マインの装備に支度金をほぼ費す。

・そして初日のレベル上げのクエストの次の日、マインとお金と尚文の装備が消えてきた。

・なんとマインが尚文のもとを奪い、槍の勇者のもとに走っていた。さらに、その理由を尚文がマインを暴行したためと。

・尚文は他の勇者からさげすまれ、城から放逐される。

・だから、尚文は自分を貶めたものへの復讐誓うのであった。

・しかし、尚文は戦えないので、戦闘用の奴隷:ラフタリアを購入。ラフタリアを鍛えて、金・経験値を上げることに。

・尚文の自分を裏切った者への見返しの旅が始まった。

 

『盾の勇者の成り上がり』魅力のポイント

ストーリーの面白さ

『盾の勇者の成り上がり』のポイントは、主人公の尚文が自分に起こった不幸を乗り越える姿。

 

・攻撃ができない勇者

・王女マインに裏切られて、暴行犯の汚名を着せられ、金を持ち逃げされる。

最初から王と王女で盾の勇者を貶める作戦だったのだから、驚き。

・槍の勇者に決闘を申し込まれて負ける。そして、奴隷のラフタリアを奪われそうになる。

ラフタリアが尚文への感謝の言葉を皆に説明して、再び尚文の奴隷になるところは泣けます。

 

物語の初めの方は、「盾の勇者を応援したくなってしまう」ような気持ちにさせられるところが魅力。

 

主人公の尚文は、自分を貶めた相手を殺したいと思いますが、ぐっとこらえて、心を憎しみに染めつくさず、ギリギリのところで人間として踏みとどまります。

そんな姿もなかなか響きました。

 

物語が進むと盾の勇者の不名誉な噂は覆り、主人公を陥れた王と王女は、嬢王に罰せられ、失脚。

この辺りは読んでいて、けっこう心がスッとします。

 

盾の勇者の名誉が挽回された後は、盾の勇者とそれ以外の勇者の確執の物語が続きます。

個人的には、この辺から、『盾の勇者の成り上がり』の面白さがちょっとトーンダウンするような感じでした。

キャラクターの絵の魅力

盾の勇者の成り上がり

「『盾の勇者の成り上がり』第一巻 P26 漫画:藍屋球/原作:アネコユサギ KADOKAWA」より引用

『盾の勇者の成り上がり』の絵のレベルは高いです。

線も太くて読みやすい。

それぞれのキャラクターの表情も豊かです。

 

女の子のキャラクターもかわいく描かれいます。

ラフタリアはとて魅力的です。

 

盾の勇者の成り上がり

「『盾の勇者の成り上がり』第一巻 P14 漫画:藍屋球/原作:アネコユサギ KADOKAWA」より引用

男性キャラクターも丁寧。

勇者が4人も登場するので、キャラクターの描きわけも大変だと思いますが、しっかりとキャラが立っています。

 

戦闘シーン

盾の勇者の成り上がり

「『盾の勇者の成り上がり』第一巻 p146 漫画:藍屋球/原作:アネコユサギ KADOKAWA」より引用

『盾の勇者の成り上がり』は、いい戦闘シーンが多いです。

尚文は盾の勇者なので攻撃するシーンはないのですが、盾で攻撃を受けるシーンなど上手い。

 

戦闘シーンでのラフタリアが、躍動しています。

ラフタリアが幼い時から描かれているのですが、幼い時も、少し育っての戦闘シーンもよく描かれています。

 

ハーレム度

尚文はラフタリア、フィーロ、リーシアと女の子を引き連れているのですが、ハーレム的ではありません。

 

「槍の勇者」北村元康はハーレムを形成していますが、『盾の勇者の成り上がり』ではどのようにハーレム形成をしているか、では詳細は分かりませんでした。

 

イチャラブ度

尚文とラフタリアの絆が深いです。

イチャラブじゃなくて純愛風です。

 

H度

ありませんな。これが・・・残念。

 

最後に

『盾の勇者の成り上がり』の最初の尚文が貶められるシーンは、なぜか多めの感情移入をしてしまいました。

なぜなんだろうと考えたら、思い当たることが。

 

『盾の勇者の成り上がり』は、

・お金を盗まれる

・暴行犯として濡れ衣を着せられる

という、現代日本でもありそうなことなのですね。

 

多くの復讐系異世界ファンタジーは

・裏切られて殺された

・凶悪な森や深いダンジョンに死刑同然で捨てられた

・親・兄弟・友人すべて殺された

などで復讐に走りますが、これはどうにも現実的な事象ではありません。

 

だから、『盾の勇者の成り上がり』は、復讐の原因になったことにたいして想像しやすいので、感情移入しちゃうんじゃないでしょうか。

 

小説は「小説家になろう」の『盾の勇者の成り上がり:https://ncode.syosetu.com/n3009bk/』で読めます。

私は小説は読んでいません。

 

-作品レビュー

Copyright© 異世界ファンタジーなマンガ・ライトノベルが好き! , 2021 All Rights Reserved.