作品レビュー

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』ハーレム作って、ほぼ「やる」だけの異世界ファンタジー

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』は、一般コミックで、成人コミックの雰囲気を味わいたい方への異世界ファンタジー。

H系の異世界ファンタジーが好きな方の満足度の高い作品です。

 

Hなサービスシーンのオンパレード。

ストーリーよりもサービスシーン優先じゃないかと思われる内容。

 

明るいHサービスシーンで埋め尽くされた『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』の詳細はここから。

 

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』の評価ポイント

評価
ストーリーの面白さ★☆☆☆☆
キャラクターの絵の魅力★★★☆☆
戦闘シーン★☆☆☆☆
イチャラブ度★★★★★
ハーレム度★★★★★
H度★★★★★

 

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』のあらすじ

あらすじ

・「俺」は、交通事故にて異世界に転生。そこで、勇者として戦い抜き魔王と相打ちになる。

・女神の慈悲で地球に再転生。そこでブラック企業戦士として働き、交通事故で死亡。

・女神に、かつて自分が勇者として活躍した世界に転生することを望んで、「オリオン」として以前の異世界の50年後に転生した。

・転生して目覚めたときには、前回のパーティの仲間だったモーリンがそこにいて、オリオンを導いてくれるのであった。

・オリオンは、前回での異世界人生では、まじめに勇者をしたが、今度は自重せずに自由に生きることを決意する。

・賢者モーリン、奴隷のアレイダ、スケルティアのスケ等を集めてハーレムを形成。

・自分が守った世界がどうなったかを見ながら旅をすることに。

そしてハーレムも拡大しいきます。

 

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』の魅力のポイント

ストーリーの面白さ

物語が安易です。

 

例えば、転生した時に家が欲しいと、不動産屋に。

そして、不動産屋が家の金額と提示してくると、「ちょっくら迷宮に言ってお金稼いでくる」ということで、一日で豪勢な家を買ってしまいます。

 

もう一つの例として。

拠点の近くでゴブリンが大発生しますが、オリオンは「人助けはしない」とゴブリン退治を歯牙にもかけず。

ゴブリンに襲われたパーティの美人冒険者が、ゴブリン退治の為に体を差し出すというと、急遽オリオンはゴブリン退治に。

ここまで好色&クズに描くとかえって爽やかです。

キャラクターの魅力

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム

「『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』第四巻 P122 原作:新木伸/漫画:ていやん 集英社」から引用

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』の主人公:オリオンの顔が個人的には好みではありませんが、女の子たちはそこそこかわいいです。

どうも、主人公以外の男性キャラクターも好きになれません。

戦闘シーン

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム

「『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』第四巻 P192 原作:新木伸/漫画:ていやん 集英社」から引用

主人公オリオンも、その仲間の女の子たちも、チート過すぎる。

戦闘はありますが、あっという間に戦闘が終了してしまい、戦闘シーンは丁寧に描かれていません。

剣一振りで、大概の魔物、それも複数いても一掃という感じです。

 

これで、戦闘でワクワクするのは無理ですね。

ハーレム度

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』は、ハーレムを作るのがメインテーマ一つですからね。

ハーレム度は満点です。

 

イチャラブ度

賢者モーリンには、なかなかイチャラブ的に接しますが、アレイダにはドS的な対応。

まぁ、いろんなタイプの女の子のいるハーレムですので、どんな愛情の注ぎ方でも描けるという感じですか。

 

しかし、なんやかんやといいながら、すべての女の子とのイチャラブシーンはあります。

イチャラブシーンも、安売り気味です。

H度

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム

「『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』第四巻 P22 原作:新木伸/漫画:ていやん 集英社」から引用

H度の高いサービスシーンの多さでは、他の異世界ファンタジーマンガの群を抜きます。

 

通常は、冒険シーンの間にサービスシーンがあるのですが、『自重をしない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』は、サービスシーンの合間に冒険シーンがあるといっていいでしょう。

 

『自重をしない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』は、『水曜日はまったりダッシュコミック』で最新話が読めるのですが、サービスシーンが「消し」だらけの絵でストレスがたまりそうです。

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』を楽しむなら単行本で。

最後に

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』のような、ハーレム系の異世界ファンタジーにはそれなりにニーズがあるんでしょうね。

 

『自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』は、一般コミックの限界まで、明るいエロを表現することに挑戦している感じです。

だから、ストーリーも、戦闘シーンのリアスさもすっ飛ばしているんじゃないかと。

 

小説は「小説家になろう」の『自重をしない元勇者の強くて楽しいニューゲーム』で読めます。

私は読んでいません。絵がなくて、このエロさを表現できるのでしょうか・・・。

 

-作品レビュー

Copyright© 異世界ファンタジーなマンガ・ライトノベルが好き! , 2021 All Rights Reserved.