作品レビュー

『転生貴族の異世界冒険録』は水戸黄門を見ているように面白い

2020年1月25日

転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』は、「悪い奴をやっつけて気持ちが良くなる。」という、まるで水戸黄門を見ているような面白さのある異世界ファンタジー。

 

面白い小説や漫画やアニメの典型的パターン。

 

どこが水戸黄門を見ているようというと、最後に印籠を出すような感じのあるところ。

各ストーリーの最後に

辺境伯の息子だったのか・・・

貴族の当主だったのか(男爵→子爵→伯爵と陸爵していきます)・・・

Sランク冒険者だったのか・・・

神の使途だったのか・・・

と、敵役は悔しがったり平伏したり・・・というパターンが多く登場します。

 

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』の星評価

評価
ストーリーの面白さ★★★★★
キャラクターの絵の魅力★★★★☆
戦闘シーン★★★☆☆
イチャラブ度★★★★☆
ハーレム度★★★★★
H度☆☆☆☆☆(主人公のカインは未成年だからかな)

 

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』のあらすじ

・高校生の椎名和也は、コンビニで暴漢に襲われていた友人の妹助ける際に、刺されてあえなくこの世を去る。

・そして、魔法や魔物が跋扈するエスフォート王国の辺境伯の三男カイン・フォン・シルフォードに転生した。

・魔法や剣術に憧れ、ひそかに自主練を続けて5歳になったとき、神の洗礼を受ける。

・そこで、教会すべての神様(七注)からの祝福を受けてこの時点でチートな世界最強になった。

・神はカインに「遅れた世の中を発展させてほしい」との依頼を受けることに。

・しかし、カインをここまでチートにしたのは、さらに裏の意図があったのだった。

 

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』の魅力のポイント

 

ストーリーの面白さ

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』は、ストーリーが、なぜだかとても面白い異世界ファンタジー。

 

最初は何で面白いのかがよくわかりませんでしたが、2回読み直してその面白さがわかりました。

まるで水戸黄門を見ているようなんです。

 

例えば、カインが冒険者登録に行くと、子供だからとガラの悪い冒険者に絡まれます。

しかし、チートな能力を授かったカインは余裕で、柄の悪い冒険者を叩きのめすことに。

 

また、学園に入学した時は、美しい王女や公女と仲良くしていると、上級貴族の子弟にうらやましがられることに。

上級貴族の子弟たちは、親の権力をかさに、カインを排除しようと絡む。

しかし、カインはすでに貴族当主ということで、上級貴族の子弟らよりも上の身分を明かし、上級貴族の子弟は這う這うの体で退散することに。

 

領主になって領地に赴いたときには、その領地の教会は腐敗し、経済は困窮という状態。

さっそく領地の問題を解決して動き始めると、領地を食い物にする黒幕が、カインを襲うことに。

カインはチートな力を発揮し、数十人の敵を叩きのめし、黒幕をとらえ、領地の大掃除。

そして、領地を王都よりも発展させてしまい、王様ににらまれます。

 

以上のようなさまがとても面白く読ませてくれます。

作者のストーリの進め方が上手いですね。

 

キャラクターの絵の魅力

転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~

「『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』1巻 P162 原作:夜州 /漫画:nini  マッグガーデン」より引用

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』のマンガ版では、キャラクターが幼い感じ絵なので、魅力としては★一つ足りないかな、と考えました。

 

しかし、人物を描くのにしっかり丁寧だと思います。

強く迫るようなキャラクターの絵ではありませんが、わりと魅力のある絵です。

 

戦闘シーン

転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~

「『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』1巻 P111 原作:夜州 /漫画:nini  マッグガーデン」より引用

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』の戦闘シーンは丁寧だと思うのですが、動きのあるシーンが今一つかなぁ。

 

幼い感じのキャラクターで迫力が出なくて損しているところもあるかもしれません。

 

ハーレム度

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』のハーレム度は満点です。

 

なんといっても、

上級貴族

世界最強

神の使途

ですから、カインに憧れる女の子が次々と登場して、婚約者が増えていきます。

 

婚約者だけでハーレム状態です。

 

イチャラブ度、H度

『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』では、主人公のカインが、かわいい女の子から迫られまくります。

 

中学生だったら、うらやましいかもしれません。

 

しかし、カインの年齢設定が未成年なので、H度がまるでありません。

それが、ハーレム度、イチャラブ度の魅力を削いでしまうのは仕方ありませんね。

 

最後に

小説は「小説家になろう」の『転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使途~』で読めます。

 

ある程度、更新されているので、先々が楽しめるでしょう。

 

先にもストーリーの面白さで語りましたが、水戸黄門みたいな、ワンパターンとも思えなくはないのに面白くて惹き込まれます。

「小説家になろう」で人気だったのも納得です。

 


転生貴族の異世界冒険録(3) (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ) [ 夜州 ]

-作品レビュー

Copyright© 異世界ファンタジーなマンガ・ライトノベルが好き! , 2021 All Rights Reserved.